せどり、何?聞いたことありますか?

せどり、聞いたことありますか?

その語源とか由来はよくわかりませんが、とりあえず町の量販店で安く仕入れ、アマゾンドットコムとかメルカリとか、ヤフーオークションで買値より高く売る転売のことのようです。ちなみに私はよまなくなった本をアマゾンで売ることはあります。たまに、買値の何倍もつく本があったりします。ほとんどのケースで新刊が売り切れで何らかの理由でニーズが極端に高くなっているとそんなこともあるようです。例えば、発売したてのゲーム機とか…なので、中古の本が新品より高くうれることは稀です。それでも町の中古書店で1円で売られていたものが50円でアマゾンで売れれば粗利は50倍です。

この「50倍です」ってのが曲者で、どのくらいで売れるのか?それかれ出品者としての自分の評価と出品価格の双方が上位にあれば、驚くくらいのスピードで売れます。出品してから最速15分で売れたこともあります。ですが、これを継続させるのは難しいなあと感じました。私の経験でした。せどりってのはつまり、これらの作業をビジネスとしておこない継続的に収益をあげることを言うらしいです。本、ゲーム、ゲーム機、フィギュア、その他、ヤフオクやメルカリ、アマゾンで販売できるものならなんでも、です。

で、せどり、副業としてはどうでしょう?私はこれは上級者向け、あるいは仕入れが有利な地域に住んでいる人向けかな?って気がします。なにしろ、そう簡単にはアマゾンよりやすいものって見つからないです。そのくらい、アマゾンでうっているものって安いんですよね。私も以前、せどり塾なるものに一度はいって勉強しました。で、ひたすら、量販店や中古書店を巡って利益のでる商品があるか、調べて周ります。アマゾンより安くければなんでもいいのか?といえば、当然、めったに売れないものとかだと資金の回転効率が悪くなります。だって、最初に量販店やディスカウントストアで自分のお金で買って、それから出品して、売れたら入金ですものね。売れ筋のものが良いのはいうまでもありません。そういう商品を探せるようになるコツをつかめばいいのかもしれませんね。

サラリーマンをしながら、となるとこれは難しいと思います。最初に仕入れ、というのは副業というレベルをこえちゃってるんじゃあないかなあと思います。