FXとか仮想通貨は副業としてどう?

副業関連の週刊誌みててよくあるのが、FXとか仮想通貨にとうしするというものです。これは…どうなんでしょう。私もきになっていろいろ調べてみましたよ。

で、FXと仮想通貨、なんで並べて説明しているかというと、両方共証拠金取引なんですね。証拠金取引、なんのこと?

ウィキペディアでまずはしらべてみますとこうあります。

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。

市場の動向を、24時間365日常に監視しておく必要がある。これに対しては、人工知能 (AI) に基づき市場動向により為替レートの変化に際して、売り買いする自動売買機能を持った、個人向けアプリケーションソフトウェアが開発されており、それらの援用により、個人投資家でも場合によっては高い収益を上げることが可能になっているが、最終的な責任は個人に降り掛かってくる。

以下は証拠金取引から一部抜粋です。

時間帯
株式市場の場合、多くの個人投資家は就労時間と株式市場の取引時間が重なってしまうが、外国の証券取引所での取引を行う場合はリアルタイムに取引を行うことが出来る。
売りから入れる
指数が上昇する場面でも、下降する場面でも「売り」、「買い」のポジションを使い分けることにより利益を狙うことが出来る。これは株式の信用取引における空売りやFXも含めた各種商品先物取引と同様である。加えて、海外の金融商品をCFDで売りで取引した場合、対象国の方が金利が高い場合は金利差分を受け取ることが出来る。
デイトレードが可能
株式の現物取引の差金決済取引は禁止されており、それゆえ、買い付け余力がない場合は、同一銘柄を一日に何度も取引することは出来ないが、CFDでの株式取引は現物取引ではないので、同一銘柄を一日に何度も取引できる。
レバレッジ
CFDでは先物取引同様、株式指数商品などにおいてレバレッジをかけて取引が出来るため、レバレッジの分だけ少ない金額で投資が出来る。ただしレバレッジを上げるとハイリスク・ハイリターンな取引になることに留意する必要がある。これはFX同様レバレッジをかけて取引することで証拠金の数倍から数百倍の額を取引することが可能となるため、少ない元手で短期に多額の利益を上げることが出来ることがある一方、予想と反対の値動きをした場合には多額の損失を被るためである。ロスカット制度がない、あるいは市場の混乱、システムトラブル等で正常に取引できなかった場合は、証拠金以上の被害を受け、追加保証金の差し入れを要求されることもある。日本の店頭CFDの2018年3月末の建玉残高の平均レバレッジは1.5倍(建玉残高が366億円、証拠金等残高が243億円[5])。

レバレッジ型ETFとの比較
レバレッジ型ETFは通常1日の価格変化分にレバレッジをかけるが、値段が下がった場合、それが元に戻るための上昇幅はより大きくなってしまう。例えば、レバレッジ2倍で、対象商品の価格が1日で10%下がった場合、レバレッジ2倍なので20%下がるが、これが元に戻るには対象商品が12.5%(レバレッジ2倍で25%)上がらないといけない。CFDの場合は証拠金不足にならない限りは価格が10%下がっても11.1%上がり元の価格にさえ戻ればスプレッド分を除けば損は発生しない。

とまあ、こんな感じです。

つまり、仕事から帰ってきてからも取引が可能な24時間の仮想通貨やFXは副業として、どうか、ということなんですね。

で、私の結論からいうと、NOです。副業じゃあありません。

だって、損することもあるのですから。それは起業とかの世界と一緒です。副業と一括りにするにはリスクが高すぎます。

会社員生活だって給料の上下は職種によってあるとおもいますが、会社に収めるという職種はありません。

当然のことながら、このFXや仮想通貨の証拠金取引、誰かの利益は誰かの損です。もちろん、いろんな必勝法だとかソフトが市場に出回っています。ですがそんなもの信じるほど…

副業の定義としてここでは、

1少額ではあっても確実に儲かるもの

2本業への影響(心理的、体力的)が自分でコントロール可能なもの

を条件として、何がよいのか、もっともっと精力的に探していきたいと思います。