アマゾンの配送ってヤマトや日本郵便以外で独自で取り組んでますよね?あれっていくらくらい稼げるの?

昔、アマゾンドットコムに頼むと佐川急便だったり、ヤマト便だったり、日本郵便だったりが配送してくれました。で、ヤマト便を運営するヤマト運輸がアマゾン向けの配送料金を値上げしたりなんてことがニュースで報じられたりしたこともありました。で、結局、アマゾンは値上げを受け入れたみたいですね。一部は日本郵政に振り分けたりとかしながら、我々消費者にとくに転嫁されることもなく、特に書籍の配送料が無料というのは嬉しいですね。ですが、たまに「アマゾンです」といって配送してくれる人たちがいるの気づいてました?アマゾンが直接配送に乗り出した?なんて勘違いしてしまいかねない。でも…たしかにいるんです。

どんなお仕事何でしょう?いくら位もらえる(=稼げる)のでしょう?

求人広告をみつけました。以下、抜粋です。

<軽自動車で担当エリアを回ります!>
Amazonで購入された商品を、個人のお客様のもとへお届けする仕事です。1人あたり1日100件前後を担当します。ほとんどが生活雑貨などの小さな荷物です。

■効率良く進めて定時に「お疲れ様でした」も!
時間指定などを考慮して、効率よく回るのがポイントです。巡る順番に荷物を積み込むなど、ちょっとした準備の違いで業務効率がグンとアップします。一方通行の道を避けたり、抜け道を見つけたり。毎日同じ町内を回るからこそ、徐々に工夫できることが増えていくのも、この仕事の面白いところです。

■入社後1週間で独り立ちが可能です!
まずは、専用端末の操作を先輩社員に教えてもらうところからスタート。すぐに覚えられる簡単なものなので、心配はいりません。その後、先輩と共に車に乗り、エリアへ。道の特徴などを学んだら、いよいよ独り立ち。未経験からスタートしたメンバーも1週間前後で、1人で仕事を進められるようになっています。
慣れるまでは業務量もセーブしながら、徐々に慣れていくことができますので、ご安心ください。

■ご希望の方は、業務委託の道も!
「将来的には独立をしたい」という方には、支援制度も用意しています。個人事業主として仕事をスタートするために必要な手続きなどのサポートも行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

↑↑↑↑抜粋ここまで↑↑↑↑

とまあ、こんな感じなのです。

ちょっと副業ではありませんね。ですが、アマゾンの独走体制は米国をみているとまだまだ続きそうです。たまにドローンが配送するなんていってますが、そんなの企画段階でまだまだ先の話です。今、40歳代の方であればあと20年位はアマゾンは日本の流通をリードし続けるのではないでしょうか?仮に本を読む人がいなくなっても、電化製品、日用雑貨、ゲーム・ソフトウェアなどとにかく人はアマゾンで買い物を続けます。なんといっても便利ですから。