雇い止め?将来不安?副業もスキルになるよ。

こんなニュースがありました。日本は好景気?と思っている人はそんなにいないと思うけど、実態は予想以上に機器はすぐ隣にあるのかも…

↓↓↓ここから↓↓↓

日系外国人千人雇い止め シャープ亀山工場下請け

シャープの亀山工場(三重県亀山市)で働いていた日系外国人作業員のうち千人が、今年に入り雇い止めされたことが30日、シャープの3次下請け会社で雇用主の「トラストライン」(亀山市)への取材で分かった。ごく短期の契約更新が繰り返されてきたが、シャープ側の生産縮小の影響で更新されなかったとみられる。不安定な外国人労働者の実態が浮き彫りになった。

下請け会社に法令違反が相次いでいるとして支援する弁護士らが22日、三重労働局に告発状を提出した。

労働組合「ユニオンみえ」には雇い止めされた外国人からの相談が相次ぎ、約40人が加入した。

↑↑↑ここまで↑↑↑

いまのところ、これって日系外国人が対象だけど、他人事ではないんですよね。

ちょっと想像してみてください。いきなり会社に来なくていいよ。なんで言われる日のことを。つまり、いきなり解雇されるのと、法的にはちがいますが、金銭の流れ的には一緒ですよね。家賃の支払いやクレジットカードの支払いの決済をかんがえると、ゾッとしますよね。もちろん、上記のケースは期間をきめて働くいわゆる期間工のようなものだと思われますが、正社員だから大丈夫、とは限らないわけです。

もちろん、副業をしていたら、それらが支払えるということではないけれども、収入がゼロになるわけではないというのが気持ちの上でとっても大切なことだと思います。特にローンを抱えている人であれば、無理のない範囲で本業以外に少しだけでも副業の習慣をつけておくのもいいかもしれませんね。